ue4.png

ホーム > 交流活動 > 奨学金贈呈式 > 平成26年度

 

2014.06.28 平成26年度奨学金贈呈式

 株式会社アシュラン本社セミナーホールにて、平成26年度奨学金贈呈式を開催しました。

 

代表者挨拶

立命館アジア太平洋大学  ODILOV BOBIR(オディロフ ボビル)さん/ウズベキスタン

今回、私達は平成26年度公益財団法人アシュラン国際奨学財団の栄えある奨学生に選ばれたことを、心から感謝いたします。奨学生を代表いたしまして、一言お礼を申し上げます。

はじめに、私は、日本に来る前の高校生時代、イギリスの大学への進学を検討していましたが、それにも増して、私はウズベキスタンの文化とはまるで違う日本の文化、それと同時に日本語を強く学びたいと思い、日本にやって参りました。しかしながら、留学生である私にとって日本での生活は想像を超える大変なものでありました。特に経済面においては、日本の物価はウズベキスタンの物価に比べて遥かに高く、家族からの経済的支援だけで生活していくのはとても難しかったのです。そこで、アルバイトをしながら学校へ通うことにしようと思いましたが、大学での学びは、思った以上にハードで、アルバイトと学業の両立は実現不可能なことに思えました。もちろん当時は他機関から奨学金の支援を受けていました。ところが、私は今年の秋から大学院に進むことになり、今まで以上に高額な学費を払わなければなりません。それ故、このような状況のなかで、アシュラン国際奨学財団の奨学生に選ばれたことは、経済的にも精神的にも私にとって大きな救いであります。

また、私だけではなく、ここにいるすべての奨学生がアシュラン国際奨学財団から支給される奨学金のおかげで経済的負担に腐心することなく、自身の学業、目標や夢に専念することができるでしょう。

最後に、私達は、全身全霊をかけて勉学に励むことを誓います。そして、アシュラン国際奨学財団の東理事長、東副理事長、財団の皆様方のご支援に再び、厚くお礼を申し上げます。これからも、何卒、どうぞよろしくお願いいたします。以上をもって私の感謝の言葉とさせていただきます。

本日はこのような貴重な機会を与えていただき、本当にありがとうございました。

奨学金贈呈式

028.gif

交流活動

028.gif

kaihou2.jpg

028.gif

Facebook_logo.png