ue6.png

ホーム > 奨学生募集案内 > 一般奨学金

Chinese  Japanese

一般奨学金

公益財団法人アシュラン国際奨学財団は、このような学生を奨学支援します。

・学業に優れ、一層の学業に専念するもの。
・日本はもちろん、異文化理解など国際交流に努めるもの。
・地域交流、ボランティア活動など社会貢献に努めるもの。
・学んだことを社会に役立てる意欲のあるもの。

※平成30年度春季一般奨学金の募集は終了しました。

平成30年度 春季一般奨学金募集要項

 

 

1.趣   旨

本法人は、アジア諸国からの留学生として来日した者のうち、志操堅固、学力優秀で

ありながら、経済的理由により学業の継続が困難な者に対して奨学援助を行い、もっ

我が国を含むアジア諸国間の国際友好親善および人材の育成に寄与することを目

とします。

 

2.特     徴

この奨学金の特徴は次のとおりです。

(1)奨学金は給与とし、返済の義務はありません。

(2)卒業後の就職、その他一切については、本人の自由とします。

(3)他の奨学金との併給は、原則として認めません。

  但し、月額4万8千円(学部学習奨励費の額)以下の奨学金受給は可とします。

 

3.奨学生の応募資格

(1)日本以外の国籍を有し、アジア諸国から来日している私費留学生である。

(2)大学の学部又は大学院に在学する者で、平成30年4月1日現在の年齢が35

  歳以下である。

(3)現課程の標準修業年限の終了までに1年以上を有する。

  但し、現課程の最上級年次の者で引き続き上級課程に進学する者はこの限りと

  しない。

(4)修学のために経済的援助を必要とする者で、他の奨学金を受けていない。

  (但し、月額4万8千円以下の奨学金受給は可とする)

(5)学業、人物ともに優秀であり、健康である。

(6)日本語による意思伝達が可能である(日本語能力試験2級相当)。

(7)国際理解と国際間の友好親善に寄与できる。

(8)奨学生交流会(年4回を予定。うち1回は宿泊を伴う研修旅行)に必ず出席できる。

 

4.採用人員

10名程度

 

5.奨学金の額と支給の方法

(1)支給金額

  月額10万円とします。

(2)支給の期間

  奨学生に採用したときから、2年間とします。

  但し、各課程の最上級年次の奨学生は、引き続き上級の課程に進学しなかった

  場合は、標準修業年限内での卒業(修了)までとします。

(3)支給の時期

  奨学金は、4月分から支給します。

(4)支給の方法

  奨学金は、原則として毎月、本人名義の銀行等の預金口座に振り込みます。

 

6.奨学金の停止又は打ち切り

奨学生が次の各号の一に該当するときは、奨学金の支給を停止又は打ち切ることが

あります。

(1)一月以上病気等により、又は理由なく長期欠席した。

(2)休学又は外国へ留学した。

(3)在学する大学における学籍を失った。

(4)学則により処分を受けた。

(5)学業成績又は素行が甚だ不良である。

(6)原級にとどまった(留年)、又は卒業延期の恐れが生じた。

(7)応募書類の記載事項に重大な虚偽が発見された。

(8)奨学金を必要としない理由が生じた。

(9)その他留学生としての資格を失った。

(10)本法人の事務局と連絡が取れなくなった、又はその指示や指導に従わなかった。

(11)本法人若しくは本法人の支援企業の名誉を傷つけ、又は著しく迷惑をかけた。

 

7.募集方法

大学を通じて募集します。学生からの直接応募は一切受け付けません。

 

8.応募の手続

次の書類を揃え、在学する大学において指定する日までに大学の留学生奨学金担

当窓口に提出してください。

(1)一般奨学金申請書(所定の様式)

(2)履歴書(所定の様式)

  日本語能力試験、その他資格を有する場合は、資格を証明する証書の写し

(3)身上書(所定の様式)

(4)身上書別紙記入用紙

(5)在学証明書

  但し、大学院各課程に入学の予定者は合格通知書(入学許可書)の写し

(6)外国人登録証明書もしくは在留カードの写し(住所、氏名、在留資格の確認)

(7)成績証明書(現課程のもの)

  但し、現課程のものの入手が不可能な場合は、前の課程のもの又は入学試験の

  成績・順等がわかるもの

(8)推薦状(学部長又は指導教員による封書)用紙は、A4サイズ1頁

(9)カラー写真2枚(3ヶ月以内の上半身正面の近影写真、5×4cm)。

  写真裏面に氏名を記入し、1枚は「一般奨学金申請書」に貼り、残りは同封

  してださい。

(10)その他の資料

  大学院生の場合については、研究内容が分かる資料や学会発表、論文誌等へ

  の投稿状況が分かる資料 (例:論文誌の目次、ページ数が分かる資料)

 

9.選考及び決定

(1)推薦された者について、本法人に設置する奨学生選考委員会の選考を経て、

  理事長が奨学生を決定します。

(2)採用決定者については、6月中に大学及び本人に通知します。

(3)採用決定者は、本年6月に開催予定の第1回奨学生交流会に出席頂きます。

 

10.その他

応募書類の受付後、本法人の担当者が直接本人と面談します。

なお、面談日時については、事前に連絡します。

 

 

以上


〇一般奨学金申請書      〇履歴書(一般奨学金用)

〇身上書(一般奨学金用)   〇身上書の別紙記入用紙(一般奨学金用)

奨学生募集案内

028.gif

Facebook_logo.png